『章姫』は私の家で生まれました
父が私に”手の平くらいの甘いいちごを作ってやる”と品種改良に励み
生まれたのがあま〜いイチゴ『章姫』
開発育苗農家として自信を持ってこれが『章姫』と言えるものを提供します


父・
萩原章弘が品種開発に成功
父が家業の農業を継いだのが60年以上前。当時から久能は石垣イチゴの産地だった。ところが人気品種の堀田ワンダーの酸味に消費者の嗜好が合わなくなってきていた。それまではすっぱいイチゴが主流だったのだ。だから練乳などを掛けて食べるのが普通だった。
「堀田ワンダー」も県内の農家の育種作品、それなら私も甘くてイチゴだけで食べられるような品種を作って見たい。それが1万種に及ぶ育種実験の始まりだった。
この続きは写真をクリックしてください


父の継ぐ大粒イチゴ
父・章弘は1999年6月突然他界しました。
69歳でした。激務の農作業を卒業し、孫の世話と趣味の育苗をしてもらおうと思っていた矢先のことでした。農家に生まれ育った私の唯一の楽しみは農作業の休息時間に父が語る夢物語

いつか握りこぶし大のイチゴをつくるからな」という父の話を目を輝かせて聞いていた。今、私は父の意思を継ぎイチゴ農家として自信作を作ってゆきます。
おかげさまで久能のいちごの90%以上は「章姫」に!静岡いちごの80%〜90%にもなりました。名実ともに静岡いちごの代名詞となった[章姫」の育苗農家として誰にも負けないいちごを提供します。

父の代からいちごハウスでは出来る限り農薬を使わない方針で病害虫を食べてくれるダニ(益虫です)を畑に放してあります。
目にはなかなか見えませんが、これが働き者で大粒のいちごを生育させるのに大いに役立っています。父の夢「いちご自身の持つ味を生のまま味わってもらいたい」により近づけるようにしています。いちごの味を決定するのは土作りも大切ですがなんと言っても注ぐ愛情が大切だと思っています。

ご存知ですか?「いちごミニ知識」
いちごはビタミンCの女王
新鮮なイチゴ7〜8粒で一日の摂取量をカバーできます。
いちごはバラ科の植物
果物はバラ科が多くて杏、さくらんぼ、桃、梨、梅、びわなどがバラ科です。みんないちごの親戚!
いちごのツブツブの正体
あのツブツブは果実なのです。そう、いちご1粒に200〜500あるあれがです。私たちが食べている赤い部分は花弁の発達したものなんですよ。
おいしいいちごの見分け方
まず、ヘタが濃い緑で瑞々しいこと。更に実全体が赤く艶があって粒が立っている物がオススメ!
おいしいいちごの食べ方
いちごの糖度は先端に行くほど高くなります。つまり甘いんです。ですからヘタの方から食べて先を最後にするのが「通」の食べ方。
     



「章姫」のWeb販売は終了しています

今期もたくさんのご用命大変ありがとうございました

来期は1月2日からご注文をお受け致しますが銀行などの取り扱い状況ではお届けが4日以降になることもあります

今季もももよろしくお願いいたします


いちごの値段は1〜2月中は大変高価な時期がありますし、
3月頃までは市場の動向によって値段が変動します

お申し込み用紙には1年の値段変化を記してあります、
各当月以外は前年度の価格変化です参考にしてください。
大粒のものは生産量が少なくご注文にすぐには応じられない場合があります。
到着予定日時を記入していただければ出来るだけご希望に添うよう努力いたします


価格表

お申し込み

いちごの話
最近お礼、お問い合わせなどをご注文フォームにて頂く場合がありますが、ご自身のメールアドレスを記入されない方が増えてまいりました。
お問い合わせは
  までお送りください


野菜の直販

お茶の直販

私たちの町です